熊本県知的障害者施設家族会連合会(きずなの会)

熊本県知的障害者施設家族会連合会(きずなの会)
会員数 2411名
事務局 〒860-0842
熊本市中央区南千反畑町3-7(熊本県総合福祉センター2F)
TEL/FAX:096-351-8599
[相談受付時間] 水・木・金 10:00-15:00
会長 渡邊 民雄
事務局長 和田 保
対象者 知的障害者施設に入所通所をしている利用者の親、家族
会の目的
活動内容
[会の理念(憲章)]
I わが子らの幸せを追求すること。反面わが子らの幸せを侵害するあらゆるものに対し、全力を挙げて立ち向かうこと。
II 知的障害者(児)の全ての親や家族が手を取り合うことの重要性を認識すること。
III もの言えぬ我が子らに代わって正しい意見をいう。
[家族会活動]
・年齢や障害支援区分で生活が制限されることなく、障害者の意思を最大に生かすことができる施設環境づくりを、国、地方行政に求めていく。
・総合支援法、虐待防止法、差別解消法、成年後見人制度などに関する情報の共有。
・障害のある人の福祉の向上に、志を同じくする団体との連携を深める。
・組織の拡大と強化を図る。
ホームページ https://kumamotokizuna.com/

一緒に考えてみませんか
知的障害を持つ子どもや兄弟のしあわせなくらしを!

熊本県知的障害者施設家族会連合会(きずなの会)・ぜんしれん「全国知的障害者施設家族連合会」とは?
私たち家族は、知的障害をもったわが子、兄弟たちが“健気”に生きようとしている。
そのいのちを精一杯守っていきたいと思っています。
「無縁社会」といわれる今の地域でわが子らは暮らしていけるのでしょうか。知的障害を持つ人の中には、就労できるような人もいれば、24時間の支援や見守りの必要な人もいます。
それぞれの人がそのライフステージにあった幸せなくらしができる仕組みを模索しています。
※知的障害者施設家族会連合会の理念(憲章)
※原則(会員のルール)
I 異なる意見は互いに尊重し、決して争ってはいけない。
異なる意見とは、知的障害者(児)の幸せの姿の違いであり、争うことではないと理解し、議論をつくすこと。
II 親個人がいかなる主義主張があっても知的障害者(児)運動に参加する者は、党派や信条を超えること。
III 施設は、知的障害者(児)の人生を豊かにするために存在するもので施設の職員や一般社会の人々とは、互いに立場を尊重し協力関係にあること。

※主な活動
(1) 全施連全国大会及び九州協議会への参加
(2) 施設協会職員・家族会合同研修会等により施設協会との良好な関係の構築
(3) 国、県、地方公共団体、議会に対して請願活動を実施
(4) 広報誌「きずな」の発行

※ きずなの会加入施設
愛育学園(北区) 居屋敷の里(菊池市) うぐいす・わかあゆ(人吉市) 第二大江学園(東区渡鹿) 熊本菊陽学園(菊陽町)きずなの里(上天草市) 阿蘇くんわの里(阿蘇市黒川) 済生会熊本福祉センター(南区内田町)さくら学園( 山鹿市) サニーサイド(泗水町) 小岱作業所(荒尾市) 城南学園・第二城南学園(南区城南町) すみれ園(植木町) 清香園(宇城市) 精粋園(和水町) 高森寮(高森町) つつじケ丘学園・第二つつじケ丘学園( あさぎり町) つばき学園・野ばら(西区花園) 天水生命学園(天水町) なぎさ寮(天草市深海) 南海寮(天草市本町) のぞみホーム(東区新生) 野々島学園(合志市)氷川学園(氷川町) みつば学園(芦北町) 第二明星学園(御船町) もみの木園(東区長嶺) チャレンジめいとくの里 入所・通所(北区明徳) 八代学園(八代市) 友愛育成園(中央区壷川) ゆうすい(天草五和町) 熊東園(益城町) ゆきぞの(美里町) ゆたか学園(西区) 苓山寮  若草児童学園(大津町) わらび(菊池市)